年齢に合わせて変化するファッション|40代女性に合った着こなし

女の人

進化し続けるブランド

サングラスをかけた女の人

エゴイストは、1990年代後半から2000年代前半に、ギャル向けのブランドとして躍進しました。カリスマ店員の全盛期で、崇められていた時代です。そうしたカリスマ店員は、スタイルもファッションセンスも抜群でした。やがてモデルやデザイナーとして大成し、今でも活躍している元エゴイスト店員が大勢います。当時のエゴイストは、そのような店員に似合う服をたくさん置いていました。身体のラインを拾うデザインや、超ミニスカートなどのセクシーな服です。さらにシャープで、攻めの姿勢が見られるのが基本的なテイストでした。色は黒が基調で、ショップバッグにも使われていたゴールドがアクセントカラーです。とにかくかっこいい印象の強いブランドで、ギャルの憧れを一身に集めていました。

現在のエゴイストは、変わらずかっこいいイメージを保っています。しかしギャル全盛の時代と比べ、よりシンプルになりました。ギャルファッションに躊躇していた層にも浸透し、テイストはより洗練されました。今も若者の街にはエゴイストの店舗がありますが、着やすい服が多いため、大人の女性にも人気があります。こうして購買年齢層が上昇した結果か、品質もさらにアップした印象です。ミニスカートだけではなくロングスカートも多く、デザインにも多彩さが生まれました。落ち着いたテイストながら幅広い服装に使えるというのが、現在のエゴイストの特徴です。しかし価格帯は変わらず、買いやすさも人気の秘密です。進化しながらトップを走るブランドと言えるでしょう。